くま鉄ニュース

2016.06.27

鉄道車内に持ち込める手回り品ルールの一部変更について

 鉄道車内に持ち込める手回り品ルールの一部変更について

 くま川鉄道では、平成27年6月30日に発生した東海道新幹線「のぞみ225号」における車内放火事件を受け、鉄道車内に持ち込める手回り品のルールを一部変更することとしましたので、お知らせいたします。

1、変更内容

これまで、容器を含む重量が3キログラム以内であれば持ち込みいただけていたガソリンをはじめとする可燃性液体そのものは、量に係わらず、車内への持ち込みができなくなります。

・ただし、可燃性液体を含むものであっても、酒類・化粧品類・医薬品など日常の用途に使用するもので、小売店などで一般的に購入いただける製品については、2リットル以内又は容器を含む重量が2キログラム以内であれば、引き続き車内に持ち込み頂けます。
・また、高圧ガス・可燃性固体についても、これらを含む小売店などで一般的に購入頂ける製品については、2リットル以内又は容器を含む重量が2キログラム以内であれば持ち込みいただけます。

2、変更日 平成28年7月1日(金)

詳しい内容はこちらを御覧ください。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

(不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

ページの先頭へ