車両紹介 Train introduction

KT-100・200

開業時、平成元年に入籍した車両で、軽快ディーゼル動車で、KT-100系がセミクロスタイプの座席、KT-200系がロングシートの座席配置され、車体のカラーはクリーム色にピンクとブルーのラインが施された車両で、平成28年まで運行しました。

 


KT-311

平成16年、直通運転廃止に伴いJR九州より譲渡して頂きました。平成25年まで運行しました。


KUMA1(KT-203)

KUMA2(KT-103)

平成元年10月に開業と同時に入籍した、車両をリニューアルし、観光列車として平成21年3月から運行しました。
現在では、役目を終わり、あさぎり駅に展示スペースとして活用しています。

KT-500

平成26年3月KT-501(冬)・502(秋)・503(春)入籍

平成27年3月KT-504 (青)・505(白)入籍、合計5両